故人が残したものを少しでも良い思い出にしたくても、実際にはどのようにしていいかわからない方が大勢いらっしゃるでしょう。 そこで遺品整理の方法やするべき時期をご紹介します。

 

1.遺品整理の方法

それでは遺品整理の方法をご紹介します。遺品の中でも、必要なものや捨てるべきもの、手続きが必要なものがあります。

 

・仕訳

まず遺品整理をするために貴重品、形見となるのも、リサイクルするもの、破棄するものに分ける必要があります。 銀行の通帳やクレジットカード、契約書類や貴金属などの価値の高いものは整理をする時に法的な手続きが必要となります。

 

必要な書類を取り寄せたり、期限が決まっているものもあるので優先して行う必要があります。 また次に行うのは残しておくものと、リサイクルまた廃棄するものと分けることです。衣類や家電品など利用しないものであればできるだけリサイクル業者を利用すると良いでしょう。

 

・廃棄

個人が使っていたもの全てに思い出が詰まっていることでしょう。 できることならそのまま残しておきたいと考える方も大勢いらっしゃるでしょう。しかしできるだけ勇気を持って必要ないものは捨てることが大切です。部屋が片付かないこともありますが、大切なものまで誤って紛失してしまうことがあるのです。

 

・業者に依頼する

遺品整理は自分でする方法の他、業者に頼むこともできます。 ものによっては手続きが難しいものもあり、遺品整理士という資格を持つプロに頼むことにスムーズに進むことができます。しかし業者によっては大切なものも捨ててしまったり、トラブルなることもあるので業者選びには十分気をつけてください。

 

2.遺品整理の時期

遺品整理をする時期ですが、クレジットカードや契約書類などの貴重品を除いては特に時期は決まっていません。法事などで忙しくなかなか手をつけらないこともあるでしょう。時間などが落ち着いてから遺品整理して問題ありません。

 

タイミングとしては、四十九日の後親戚などが集まるタイミングに大勢で遺品整理をすると良いでしょう。一人で遺品整理するのは大変ですし、 後から審査来ないでトラブルのこともあります。

 

しかし相続税がかかるものなど、手続きが必要なものは早めに済ませるようにしましょう。手続きに時間が決まっているものも多くあり、焦ってやり残しがないことがないようにしましょう。

 

以上のように時期が決まっているもの以外は、自分たちのタイミングで遺品整理をすれば問題ありません。心が落ち着かずに物を慌てて捨ててしまい後悔をしないようにしてください。